スポーツ庁委託事業「スポーツ・フォー・トゥモロー(国際アンチ・ドーピング強化支援事業)」では、クリーンでフェアなスポーツ環境を作り、スポーツの価値を守るために、世界のあらゆる世代の人々にスポーツの価値とオリンピック・パラリンピック・ムーブメントを広げていくことを目指しています。

 

 今回、本委託事業において、日本アンチ・ドーピング機構が「スポーツの価値」を紹介する動画、ウェブサイトを作成しました。

 スポーツ庁の室伏長官は、スポーツの価値について以下のように語っています。

 

「制限の中から生まれる美 : スポーツには、ルールという制限があります。ルールの中から、スポーツの美しさが生まれます。ルールがあるからこそ、お互いをリスペクトし、競技の本質を追求する美しさに触れ、最大限の努力をして、勝ち負けを超えた何かを得ることができるのです。」

 動画には室伏長官をはじめ、20ヶ国30名のアスリートが出演しメッセージを発信しています。

 

https://playtrue2020-sp4t.jp/jp/ptrelaymovie/index.html

 

出所:文部科学省

0
0
0
s2sdefault

ブラジルの中等教育が改編され、生徒一人一人の関心やニーズに合わせ、教育の構築過程に生徒を組み込むことを目指し、授業時間数が3400時間から4000時間に拡大されました。「言語とその技術」、「数学とその技術」、「自然科学とその技術」、「人間科学とその技術」、「専門職業教育」の5つの教育課程で、生徒は教員の指導のもと自分で学習量を設定します。新中等教育は2022年から始まる予定です。

 

詳細はこちら:https://fb.watch/v/1MEwJxjrY/

 

出所:教育省

0
0
0
s2sdefault

パライバ連邦大学(UFPB)と教育研究ネットワーク(RPN)が立ち上げたEduplayは、ライブ中継やテレビ番組、専用チャンネル、ゲーム、ラジオ、ポッドキャストなどへのアクセスが可能な教育プラットフォームです。視聴覚コンテンツを提供する教育研究ポータルサイトとしてブラジル国内最大規模のサイトとなることを目指しています。

 

詳細はこちら:https://eduplay.rnp.br/

 

出所:教育省

0
0
0
s2sdefault

環境省と文部科学省は、教育委員会等の学校設置者等が作成する熱中症対策に係る学校向けのガイドラインの作成・改訂に利用してもらうあため、「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」を作成しました。学校での具体的な熱中症の予防措置や熱中症発生時の対応が記載されているほか、教育委員会等の学校設置者が各地域の特性等を踏まえた独自の熱中症対策のガイドラインの作成・改訂に活用できる内容となっています。

 

手引きの構成は、大きく基礎編と実践編の2つに分けられ、実践編(第5章、第6章)は、学校での具体的な熱中症の予防措置や熱中症発生時の対応が記載されています。

 

詳しくはこちら:https://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1401870_00001.htm?fbclid=IwAR32ojFFFdb6jFj7OSNGrVXJpdYhOYnpUzRY2BY2awPto8Q6VVTWJwxCGl0

 

出所:文部科学省

0
0
0
s2sdefault

パルメイラスのグスターヴォ・スカルパ選手が自身のインスタグラムに投稿した文学の名作90冊についての感想がソーシャルメディアで話題となっています。ロッカールームやホテル、遠征中も本を読むという読書家のスカルパ選手は、書評の投稿を始めた理由について「多くの人に本を読みたいという気持ちになってもらいたい」と説明しています。これまでに取り上げた作品の中には、フランツ・カフカの「変身」も含まれています。

 

詳細はこちら:https://g1.globo.com/educacao/noticia/2021/06/26/resenha-com-scarpa-jogador-do-palmeiras-viraliza-ao-comentar-classicos-da-literatura-e-dostoievski-e-seu-camisa-10-veja-video.ghtml

 

出所: G1

0
0
0
s2sdefault